接待のマナー

もし、上司や先輩から「○○会社の△△さんを接待して」と急に指示を受けた場合でもあわてないように、社会人として、知っておくべき接待のマナーについて書きます。

接待について気をつけるべきことには、以下のようなことがあります。
①お店の選び方
②相手に合わせた上手な話し方
③相手によい印象を持ってもらう方法

①お店の選び方ですが、接待相手に心地よい時間をすごしていただくためにも、あなたの負担を減らす意味においても、お店側も接待慣れしている場所を選ぶことが大切です。
接待慣れしているお店を選ぶことで、相手の料理やお酒の減り具合を考えてもらえたり、こちらの空気にあわせ他接客をしていただくことができます。
また、開始・終了の時間や次の予定、交通手段についても気を配っていただけます。

②相手に合わせた上手な話し方に関しては、これといった解決策はないのですが、相手の話をよく聞き、もっと相手が気持ちよくなってくれるような質問と応答を心がけることが大切です。
相手の会話のペースに合わせて相槌を打ったり、相手の話の続きを促すような言葉を投げかけたりとすることで、相手から好印象を持っていただくことができます。

③相手によい印象を持ってもらうには、事前にできる限り相手の仕事内容や趣味を調べておき、その話題を質問することが大切です。
そのあとで、②にあったような相手に合わせた話し方によって、相手に好意を抱いていただくことがうまくできるようになります。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>