「接待について」カテゴリーアーカイブ

生 女将の美人講座  粋なお辞儀は腰にあり

みなさま、まだまだ寒い日は続きますがいかがお過ごしでしょうか?

今回の女将の美人講座は、粋なお辞儀は腰にありと題し女将が礼儀作法を伝授いたします。

シリーズ1 「粋なお辞儀は腰にあり」

◆ 7年前、初めてインターンシップの学生を受け入れ、学生から「おかみさんは何十年も 日本文化に携わってきたのだから、和食の食べ方の講座をしてはどうか」と提案をいただき、独学ではいけないと早 速、小笠原流礼法で礼儀作法を習いにいきました。

そこで初めに教えて頂いたのがお辞儀です。

先生に「お辞儀は相手に対する敬いの心の表れで、いつも深くお辞儀をすれば良い ものではなく、場所、相手によって頭の深さを変えることが大切なのです。

またお辞儀は頭を下げる物ではなく、腰を折るのです。」と教えて頂きました。

立ってお辞儀をすることを立例と言い。

背筋を伸ばして上体から腰を折り、前傾させます。

・会釈は(浅いお辞儀)直立の姿勢から、上体を15度程前傾させる。

手は前傾と同時に脇から少し前に身体に沿って移動する。

・普通礼は(敬礼)、会釈より上体をさらに前傾し、手のひらが腿のあたりにくる深さを限度とする。

前傾角度はおおよそ30 度位。

・最敬礼は、普通礼よりも更に前傾させて、手先が膝頭 (こ達するくらいの深さまでを腰を折る。
お辞儀は息を吸いながら姿勢を前傾し、姿勢を止めたところで息を吐いて、また吸いながら姿勢を戻しま す。(礼三息)体が戻ったところで「おはようございます」等のことばを言います。

また、前傾して腰を折る時 よりも、身体をもとに戻す時に時間をかけるときれい なお辞儀になります。

A4_ura_02008801

みなさまいかがでしたでしょうか?

いろいろな場面で、そういえば女将がこんなことを言ってなぁなんて思い出していただけると幸いです。

それではまた次回女将講座をお楽しみにしてくださいね。

接待のマナー

もし、上司や先輩から「○○会社の△△さんを接待して」と急に指示を受けた場合でもあわてないように、社会人として、知っておくべき接待のマナーについて書きます。

接待について気をつけるべきことには、以下のようなことがあります。
①お店の選び方
②相手に合わせた上手な話し方
③相手によい印象を持ってもらう方法

①お店の選び方ですが、接待相手に心地よい時間をすごしていただくためにも、あなたの負担を減らす意味においても、お店側も接待慣れしている場所を選ぶことが大切です。
接待慣れしているお店を選ぶことで、相手の料理やお酒の減り具合を考えてもらえたり、こちらの空気にあわせ他接客をしていただくことができます。
また、開始・終了の時間や次の予定、交通手段についても気を配っていただけます。

②相手に合わせた上手な話し方に関しては、これといった解決策はないのですが、相手の話をよく聞き、もっと相手が気持ちよくなってくれるような質問と応答を心がけることが大切です。
相手の会話のペースに合わせて相槌を打ったり、相手の話の続きを促すような言葉を投げかけたりとすることで、相手から好印象を持っていただくことができます。

③相手によい印象を持ってもらうには、事前にできる限り相手の仕事内容や趣味を調べておき、その話題を質問することが大切です。
そのあとで、②にあったような相手に合わせた話し方によって、相手に好意を抱いていただくことがうまくできるようになります。

接待とは

接待(せったい)とは、お客様をもてなすこと全般を言います。
一般的には、企業が取引先を飲食店などでもてなすことをさす言葉です。

食事をしながら仕事の話をすることで、円滑なコミュニケーションを図ることができます。
また、料理やお酒が入ることで双方ともに本音を吐露することができるようになります。
そのような意味において、接待は昔からビジネスにおいて大切な営業方法です。